記事一覧

11月定例会

 11月定例会スタート!
 今定例会は、来年4月の消費税アップに対応する各補正予算などが計上されてます。今日から12月19日までの21日間の会期です。我が会派の代表質問は、中山先生が行います。12月4日の11時30分頃から70分間の予定です。ぜひ多くの方に聴きに来て欲しいと思います。また今日は、議会見学に上勝小学校の6年生が来てくれました。今年最後の定例会、実りあるものにしたいものです。

参院戦後

 参議院選挙が終わり県議会関係の行事が始まった。7月31日から今日まで県土整備委員会の視察があった。今回は、鉄道、港湾整備(防災対策も含め)、また最先端のリニアなど、どう今後の県政に活かすか考えていかねばと思っています。
 また視察当日の朝、中村博彦先生のご逝去の報を受けた。少し体調を崩していると聞いていたがまさかなくなるとは。心よりご冥福をお祈りいたします。

6月定例会閉会

 6月定例会も今日で閉会。提出された議案は、全て可決となった。当初予算に今議会の補正予算(6月議会はあまり大きな補正はないが)を有効に使い、経済対策、防災・減災対策を早急に実施しなければならない。
 また、閉会日の人事案件として7年間徳島県のために尽くしていただいた斎藤副知事が国に帰ることとなり、その後任として熊谷政策官が副知事に就任することに同意した。斎藤副知事には、大変お世話になり感謝に堪えません。今後のますますの活躍を期待します。また熊谷新副知事には、徳島のためにしっかりと努めてくれるものと期待しています。
 これからは、21日投票の参議院議員選挙での三木とおるさんの当選に向けがんばるぞ!

県土整備委員会終了

 昨日は、企業局、危機管理部関係、また今日は県土整備部関係の県土整備委員会が開かれた。
 危機管理部関係においては、中央構造線活断層帯にかかる土地利用について議論が交わされた。私は、高齢化、団員数減少のなか消防団に頼る機会の多い地域を背景にした地域消防団の充実について質問を行った。
 また消防広域化推進計画について、県内一消防本部へ移行することについて質問した。
 今日は、県土整備部関係ということで老朽化した橋梁特に橋梁長寿命化修繕計画について議論した。いずれも地元の状況を念頭に置いた発言だったが、これは県内どこでもある課題であり今後とも注意していきたい。

代表質問

 本日代表質問スタート。
質問順 1.竹内資浩議員(県民会議会長)
質問順 2.嘉見博之議員(明政会会長)
質問順 3.黒川征一議員(新風・民主クラブ)
質問順 4.笠井国利議員(県民会議)
以上の4氏が登壇。
 主には知事の政治姿勢(安倍政権に対す評価、憲法改正に対する考え方等)、TPPについて、防災対策について、経済対策について等であった。
 明日は、一般質問が行われる。
それにしても雨が降らない。水不足が深刻になっている。

ブログ復活

 長いこと失礼しました。心機一転復活します。
本日25年度6月定例会が開会しました。今日のポイントは三木亨県議の辞職、つまりは参議院選挙に向け本格的にスタートしたところです。
 今議会は28日までの19日間という短い議会となりますが、議論すべきはしっかりとやり、きたる参議院選挙に臨みたいと思います。

一般質問

 2月25日(月)午前11時20分頃から県政に対する一般質問をします。質問内容としては、神山町にスタンスを置いた立場から、過疎対策について、これはいま大変注目を集めていますサテライトオフィスを活用すべきという立場からの質問です。また文化を基にした地域づくりの中で後継者をいかに育成していくか。そして農林業活性化について、特に4月オープンする「農林水産総合技術支援センター」について質問します。また常に自分自身のライフワークでもある教育問題、特に今回は道徳教育についてなど県に対し質問を行い、今後とも連携してしっかりと取り組みたいと思っています。自分の考えを県理事者の皆さんに伝えるとともに、県の今後の方針を確認しつつ、自分自身のこととして今後とも懸命に取り組んでいく覚悟です。もし時間のある方は、ぜひ傍聴にお越しください。

再スタート

 総選挙も終わった。当選のために支援していた3地方区の全候補者は、当選できました。ご支援いただいた全ての皆様に感謝申し上げます。福山先生、山口先生、後藤田先生、そして四国比例区の石田先生には、これからが正念場ということを肝にめいじ国会の場において皆様に約束したことを着実にそしてコツコツとやっていってほしいと思っています。
自民党は多数の議席を確保し公明党ともに政権に復帰します。日本の将来に待ったなし、懸命に日本丸のかじ取りをやってほしいと思います。国民の期待にこたえられなければまたいつこの逆となるかわかりません。期待したいと思います。             県議会も総選挙で休会していましたが、本日再スタートとなります。再度補正予算が提出され緊急の委員会が今日開かれます。
年末まで2週間今年の締めくくりを心身ともに元気に明るく乗り切りたいと思います。

9月例会閉会

 12日県議会9月定例会が終了した。今議会は、8月29日内閣府から発表された『南海トラフ巨大地震による、津波高・侵水域及び被害想定について』に基づき補正予算が示され、またそれらについての議論が主体であった。予算額としては109億円、その中身は、安全安心対策53億円、経済雇用対策11億円、宝の島とくしまの実現43億円などであった。原案通り可決されたところでありますが、素早い実施が望まれるところです。
 神山町内においても、危険個所も多く手当てが必要な地域が多くあります。また道路の維持補修個所も多数あり、今後とも要請をしていかねばなりません。
 また、わが会派の福山先生が、広域連合議会議員を辞職し変わって重清先生が新たに議員となったが、いよいよ国政の動きも間近になってきたか?解散時期は全く不透明ではありますが、日本のことまた徳島県のこと将来のそれぞれの姿をしっかりと見極め行動しなければと誓いを新たにした次第です。

9月定例会 代表質問

 今日24日9月定例会代表質問が始まった。今議会、わが会派からは、来代議員が代表質問に立ち、一般質問は重清議員(明政会会長)が行います。来代議員は、弁舌鋭く中国に進出している県内企業保護、県民保護の在り方、また県立三好病院にガン病棟の設置、自殺予防のための相談室設置、そして活断層上にある可能性のある池田ダムのことなどの質問であった。そしてすごいのは、傍聴者の多さ、100人以上が入りきれず他の場所から聞いていたほど、さすがであった。

ページ移動