ごあいさつ










私は、2007年4.月皆様からの温かいご支持・ご支援のもと県議会議員として当選させていただきました。それまでの永年にわたる会社勤務、またその後の神山町教育長としての経験も踏まえながら、徳島県また名西郡のさらなる発展のため懸命に努力を重ねてまいりました。
しかしながら近年、長引く経済の低迷とこれに起因する財政状況に加え、少子高齢化による本格的な人口減少社会を迎えております。また、経済社会のグローバル化が拡大するなか時代は予想を超える速さで推移しております。
今まさに大きな変化の中にあって、これまでの価値観や仕組みを根底から見直し、新たな時代を切り開いていかなければなりません。
このような時代だからこそ徳島の将来像、そしてあるべき姿をしっかりと見据え、既成概念にとらわれることなく、柔軟な発想でもって取り組まなければならないと考えています。
刻々と変わる社会情勢を的確に判断し、若さと、熱い心、そして行動力で、将来の徳島県、そして名西郡の姿をしっかりと見据えながらチャレンジしてまいります。